ホーム > ブログ >

2011年02月

サンタの穴

横丁整備進行中

2011年02月23日
今日は横丁の整備をしました。メンバーは お休みにもかかわらず3名のメンバーが参加してくれました。ホースで水を掛けながら外壁を磨いていると ホースがはずれ水がかかってしまうというハプニングもありましたが、暖かい日で良かったですね。太陽  その後はメンバーで協力してホースの口を押さえながら 無事作業を進めることができました。





















お父様・お母様方も お忙しい中 清掃・障子貼りと奮闘して頂き とても作業がはかどりました。 本当に有り難うございました。   そして お疲れさまでした。









新米スタッフの私は途中からペンキ塗りに専念していましたが、外で作業をしていると、ご近所の方や通りすがりの方が声を掛けて頂き 皆さん 横丁がどうなっていくのか とても興味があるんだなと思いました。メンバー・メンバー保護者・スタッフ 力をあわせ 横丁を作り上げていきますので 期待していて下さい。    megu
  


Posted by サンタママ

かべぬり、ぬりかべ…「出会いに感謝」

2011年02月10日
地域交流の拠点にと横丁という場を得て、
「みんなの手で創りあげて行こう」
と、取り組みを始めたものの
実際
どうやって創っていこう
どこから整備していこう
と、思案に暮れていました。
そんな中、代表鶴田とのやり取りで「遊んでみていい」の一言。
なら、壁は珪藻土で塗ってみたいと
以前から関心のあった珪藻土について調べることに。

でも、価格も高いし、塗り方も下準備の仕方も解らない・・・

何社か、問い合わせをした中、
伺ったのが、名古屋市名東区の勇建工業さん。
代表の加村さんに
事情をお話したところ、「全面的に協力しましょう」と
思いもかけぬお言葉。

材料等、手持ちのものは、無償提供してくださるとおっしゃり、
その場で、塗り方の体験や、
珪藻土や漆喰についての説明等をいただきました。
私共のつたない話に
「そこまでしていただいてよいのだろうか」と
出会いの不思議さに
驚き、
感謝の想いを
口にしながら、
担当スタッフを中心に
細々と整備を進めていました。

あれから3週間
今日は、お仲間に声をかけ、4名で駆けつけてくださいました。



予定では、塗り方だけ教えていただくはずが・・・
「高い所や、塗りにくい所は」と言って





その手際の良さと段取りの早さに
さすがプロと思わずみとれてしまいました。
メンバーが交代で壁塗りを体験し、
スタッフはその養生と後始末に、
保護者の方々は、主に、壁紙剥がし

「あれよあれよ」と言う間に
天井の壁、
玄関ホール一面の壁が
白の珪藻土で、塗られ、
暗かった室内が明るくなると同時に、
気持ちも・・・

予定以上の進捗状況でした。

その後、
加村さんがお持ちいただいた「かまど」でご飯を炊き、
お母さん方が用意してくださった具だくさんの豚汁、
女子メンバーが焼いた、だし巻き卵と差し入れの漬物で
昼食をとりながらのなごやかなな交流タイム。

今後の整備について、アドバイスや、知恵もいただきました。

加村さんをはじめ、
塗装業をしておられるみよし市の鬼頭さん、
左官業をしておられる豊田市の竹内さん
知多郡武豊町の籾山さん

本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

この出会い・ご縁を大切にして、
今後、どう社会に返していけるか
大きな宿題をいただいたような気がします。

  


Posted by サンタママ

節分行事&おりがみ

2011年02月10日
えーん一週間おくれのアップですみませんあれれ

2月3日は節分ということで、2日は一足早い節分行事を。

各々が、用意したのり、酢飯、具材…と巻きすで巻いて
恵方巻の出来上がりです。



H君に恵方巻の意味を説明してもらった後、
今年の恵方『南南東』を向いて、
願いを込めながら「パクッ」
立派すぎて一口では入らないメンバーも・・・



午後からは、さらに何足も早く
来月の桃の節句にむけて雛人形を折りました。



玄関に飾る可愛いお内裏様とお雛様が出来、
季節を感じる飾りがまた一つ増えましたにこにこ

その後は、折り紙の先生と一緒に豆まき!
「福は内~・ 鬼は外~」



元気に豆をまいて、本年の福を呼び込みました。四ツ葉のクローバー
  


Posted by サンタママ

【特定非営利活動法人 サンタ村】

0561-32-3050
愛知県みよし市三好町前田28−2 (株)江戸屋内

Copyright(C) SANTA MURA. All Rights Reserved